ギニョっち通信

朝鮮関係の翻訳ニュース、将棋、アングラネットの話。日本語でググっても出てこない情報をアップします キムギニョン

北朝鮮にも羽生善治は居た?/北朝鮮製将棋ソフト

f:id:kimginyon:20170514134336j:plain

 

<翻訳>(AP=連合ニュース)北朝鮮平壌・テドンガンにて、先月建設された北朝鮮市民の福祉施設「ハナマス館」(「ハナマス」は花の一種)のサウナ室にて、19日住民達が将棋をしていた。ハナマス館には体育施設と料理教室、宴会場、水泳場、ビリヤード場などのレクリエーション施設が入っている。

 

食糧難で未だに食人事件が発生するような状態なのに「料理教室」を営業してるのに笑ってしまった。

 私は北朝鮮と将棋が好きなので、北朝鮮ではボードゲームは盛んなのかな?と思い調べてみました

中韓ではチャトランガ系統のボードゲーム(日本将棋、中国将棋、朝鮮将棋、チェスなど)よりも囲碁の方が圧倒的に人口が多いようです。

韓国には「朝鮮将棋(チャンギ)」と言う、日本将棋の仲間がいるのですが、やはり韓国内では囲碁が圧倒的に人気な様子で、韓国国内で開催される朝鮮将棋の大会の最高賞金は、韓国国内で開催される囲碁の大会の最高賞金額の10分の1しかなく、

その額2千万ウォン(日本円でおよそ200万円)です。一応大企業であるサムソンの新卒年収と同じくらい。

囲碁の大会の最高賞金がその10倍の2億ウォン(2000万円)なので、韓国内での囲碁人気が計り知れますね。

 

朝鮮将棋も、南北分断から時を経て、韓国と北朝鮮でルールに若干の相違点が生まれています。ちなみに言語にも南北間で違いが生まれています。(wikipedia朝鮮語の南北間差違

 

<翻訳 聯合ニュース2001/05/02「北朝鮮の将棋最強はリム・ギョンチョル」>北朝鮮において将棋は最も身近な娯楽として親しまれている。最近囲碁ブームが起き、囲碁愛好家も多くなったものの、将棋は時間が掛からず、誰でも簡単に学べるという点では未だ囲碁より人気が上回っている。

なんと中・韓とは対照的に囲碁より将棋の方が人気なんですね。確かに囲碁は将棋よりも一局に要する時間が遥かに長いです。

 

http://www.dihur.co.kr/713

によれば、情報産業指導局人工知能研究所という役所の部門が北朝鮮の柳京ホテルにオンラインで囲碁・将棋で対局出来る筐体を設置し、一日千人が実際に遊んだとの事。たいそう人気があるんですね。

 

北朝鮮将棋界ですが、一応国家主導のイベントで、国内の将棋最強の一人を決める場が用意されています。

<翻訳>平壌で発刊されている「月刊グラフ朝鮮 4月号」も”全国民族体育大会において将棋は人気のある種目の一つとなっている”と報じた。

従って北朝鮮の将棋の水準はかなり高く、

競技人口が多いから水準も高いと言う理論は北朝鮮においても通じるのだろうか?北朝鮮には定跡書や詰め将棋本などが流通しているのか?また庶民はそれを買えるのかな?

高段者もそろい踏みであったのに、その中でもリム・ギョンチョルは北朝鮮の国内史上最強級である事が伝えられた。

この雑誌によれば、今年32歳のリム・ギョンチョルは既に4回にわたり全国民族体育大会で優勝した”全国的な将棋強豪”であると言う。

一方で、北朝鮮の高い将棋レベルは金策工業総合大学コンピュータセンターで開発された将棋プログラム”ブルーナ2.0”を通じ端的に立証される。

昨年末専門家用にリリースされたこのプログラムは、強さは※プロ三段<※原文には確かに「プロ三段」と書いてありましたが北朝鮮に将棋のプロリーグは存在しません。>程度の相手の手を予測し、素早く手を読む機能を備えている。

またこれに先立ち、朝鮮コンピュータセンター、国家科学院、金日成総合大学、コンピュータ技術大学などにおいても”柳京(ユギョン)””武者(ムサ)””名手(ミョンス)””知恵(チフェ)”等のコンピュータ将棋プログラムをリリースしている。

北の将棋と南の将棋のルールの相違点は若干なので、北には北の戦法や定跡が誕生し得るよな。北に定跡書が流通していないなら、北では戦法や定跡は代々口伝で受け継がれているのか?ギョンチョルさんには南から大金をはたいて定跡書を密輸入したり、北で最強になったので更に強い奴と戦いたくて脱北したり、拉致られた韓国人から南の最新定跡教えてもらったりしてて欲しいです。個人的に死ぬほどロマンを感じる。さっさと統一して全貌を見せろ

 

ちなみに北朝鮮日本将棋のプログラムも作っており、第19回世界コンピュータ将棋選手権においては北朝鮮が開発した「KCC将棋」が高勝率を収め、優勝直前までのぼり詰めました。

 

1位   2位   3位
2001年 IS将棋 金沢将棋 KCC将棋
2002年 激指 IS将棋 KCC将棋
2005年 激指 KCC将棋 IS将棋
2006年 Bonanza YSS KCC将棋

 

 

 

 

 

 強豪ソフトですね

 

米長永世棋聖は同大会の懇親会でKCC将棋に優勝して欲しかったと述べました。なんでそんな発言をしたんだろう。外国チームのプログラムが優勝すれば普及に繋がるからか?北朝鮮日本将棋が流行る余地はない気が…。

ちなみに韓国語でKCC将棋についてググったら一件もヒットしなかった。

人工知能開発以外で北朝鮮が官製コンピュータ将棋プログラムを開発する理由があるとすれば外貨獲得でしょうか。KCC将棋のエンジンを日本企業が取り入れた銀星将棋というプログラムが搭載されたゲームソフトが日本国内で販売されています。


ギョンチョルさんもそうですが、北の人間も限られた状況の中で娯楽を見つけるものなんですね。
北朝鮮の軍楽隊のコンサートを見ていても、
この管弦楽団の人達は国威発揚のために作られた曲しか演奏出来ないけど、楽器を奏でられるだけで十分幸せなんだろうなと思うとメランコリックな気分になりますね。